ドラッグストアで働く薬剤師への求人

ドラッグストアの調剤薬局に応募した

ドラッグストアでは併設であるいはその店舗の中に処方箋を受け付ける調剤薬局があり、そこが薬剤師求人を行っていると聞いて応募してみました。
すると人材不足ですぐに面接に来て欲しいとの連絡があり急きょ説明を聞きに伺ったわけです。
説明では調剤以外の仕事はないことや勤務体系とシフトの関係及び賃金等の説明がありました。
なにせ急な呼び出しだったもので情報収集があまり出来ないまま向かったものですから、初めて聞く勤務条件をふむふむとうなずきながら確認することになっていった状態です。
必要な情報はドラッグストアの面接官というよりも人事の担当の人から説明があって、こちらもあまり情報が無いままで来ているので整理させて欲しいという要望を伝えました。
分からない点は早めに教えて欲しいと言われ、また早めの決断をお願いしたいとも言われて、こんなにとんとん拍子で決まっていくことがびっくりという状態です。
ドラッグストアでの調剤部門はここでは決まった曜日と時間だけになることが分かりました。
そのためあまり変則な勤務の場合は断ろうかと思っていただけに安心して応募することが出来たように感じています。

ドラッグストアの調剤薬局に応募した今できることをしっかりと確実に行うことが重要在宅医療へも目を向けていく方向性が現れそう