ドラッグストアで働く薬剤師への求人

在宅医療へも目を向けていく方向性が現れそう

ドラッグストアの調剤薬局に応募した今できることをしっかりと確実に行うことが重要在宅医療へも目を向けていく方向性が現れそう

確かに卒業生がほとんどいないわけですから新卒それ自体の採用が出来ないわけで、大変だったろうとは思いますが今は解消されているとのことです。
ただしこれはあくまで都会での話で地方ではまだまだ薬剤師が足りていない地域もあるとのこと、今回薬剤師の求人に応募してもらえて良かったとも言われていました。
温かく迎えてもらえることは仕事のし易さや職場の雰囲気が悪くならないですので、やりやすいです。
患者さんが少しずつ減ってきている状況が現れているみたいで、近隣の内科の先生は訪問診療を手がけるようになったとの連絡もあり、こちらも在宅療養管理の関係で患者さんの自宅での調剤を考えざるを得ないのかと言われ始めました。
ただこの地域では冬場の移動は危ないということで今までは対応をしてきませんでした。
しかしながら今回の求人以降で徐々に在宅医療へも目を向けていく方向性が現れそうです。
薬剤師が運転をして行くのはちょっとどうかと思いますので、出来れば調剤の仕事に専念出来たら良いのですが、その希望だけは伝えておきました。
このようにただ単に患者さんを待つだけで済むという薬剤師の求人が可能な時代は終わりつつあるのかも知れません。
自宅からなかなか外に出てこられない在宅療養の患者さんへの対応を真剣に考えるときが来ているわけです。
また患者さんの自宅での在宅療養指導にも意味はあり、薬が大量に残っていないかどうかなどのチェックが出来るなどのメリットはあるでしょう。

薬剤師 求人株式会社EPファーマライン 採用サイト