ドラッグストアで働く薬剤師への求人

今できることをしっかりと確実に行うことが重要

ドラッグストアの調剤薬局に応募した今できることをしっかりと確実に行うことが重要在宅医療へも目を向けていく方向性が現れそう

ただ土曜日の勤務が変則ではいることは理解して欲しいとのことで、その点はやむを得ないかなと理解しているところです。
何せすぐそばで開業されている皮膚科医療機関や内科や小児科の医療機関が土曜日の午前中やっているので、そちらからの処方箋の受付は確実にしないと患者さんから不評を買います。
こうした曜日での勤務も毎週かと思うと憂鬱でしたが、隔週などのように毎週にはならないとの話もあり、少し安心している状態です。
ただ近隣では少し住宅街の中にあった調剤薬局が無くなってしまったため、そちらで処方されていた患者さんがこちらに流れてきています。
それは構わないのですが患者さんからの情報ではこの地域で徐々に人が減っている感じだそうです。
そのためこちらもしっかりと対応をしていくことを考えないといけないのかも知れませんが、そのあたりは上司の人たちが考えれば済む話です。
今できることをしっかりと確実に行うことが重要だと思います。
薬剤師不足も昔は大学が6年制になったときなど、非常に苦労したのだという話しを聞きます。

※高収入薬剤師になるためのキャリア構築法※
高収入を手にするには、幹部候補の求人を見つけることです。

さらに大切なのは、平均年収は「ドラッグストア>調剤薬局>病院」という土俵を意識することです。

努力する土俵を間違えてはいけません。

— 【薬剤師キャリア相談】転職のノウハウ (@yaku_carrier) 2018年2月10日